Since 2000

 

富山市皮膚科・美容皮膚科はセキひふ科クリニック。皮膚科専門医・女医が常勤・お肌の不調は、お気軽にご相談ください。

​セキひふ科クリニック

​身体や心の鏡といわれるように、
心身の健康状態を端的に映し出す人間の肌。

当院は従来の皮膚科に美容的要素を加味した

まったく新しいタイプの皮膚専門クリニックです。
 

医師、薬剤師、看護師、栄養士、
医療エステティシャン・ヨガインストラクター
からなるチーム医療により、

自己治癒力を重視した指導・治療を行います。

人の肌からトータルに身体と心を見つめ、
皆様の健康と美しさを総合的にサポートいたします。

クリニカルケア
皮膚科専門医による診療、
医療機器による治療

メディカルケア
皮膚科専門医の指導のもと、
最適なエステ、脱毛を提案

ホームケア
当院オリジナル基礎化粧品
お肌のメンテナンスケアに

当院のご案内
木の温かみを感じる
快適な空間​
富山市皮膚科女医常勤

〒930-0138
富山県富山市呉羽町7331
TEL : 076-434-8430
FAX : 076-434-8444
予約専用番号 : 076-427-2001
 

セキひふ科クリニック

お肌の悩みは人それぞれ
 

当院では皮膚科専門医が
あなたに合わせたケアを
総合的にご提案

 

About

季節の健康コラム

季節に合わせた健康・美容コラムを掲載します。

梅雨が明けると夏本番。
ぐっと日差しが強くなります。

 

今回は、日焼け止めの選び方
​そして、塗り方について。

 地上に届く紫外線には、シワやタルミの原因となるUVAと、シミやクスミの原因となるUVBがあります。そのため、日焼け止めにはUVAを防ぐ目安となるPAと、UVBを防ぐ目安となるSPFが表記されています。日常生活、屋外での軽いスポーツ、炎天下でのアウトドアなど、シーンに合わせて日焼け止めを選択するとよいでしょう。日常生活ならSPF20・PA+~++、外出や屋外での活動ならSPF30~40・PA+++、日差しの強い中での活動ならSPF50・PA++++を目安にして下さい。

 表記通りのSPF、PAの効果を得るには、塗る量が重要です。顔であれば、多くの製品で、クリーム(ミルク)タイプではコイン1ケ分、ローションタイプでは2ケ分などと表現されています。多いと感じるかもしれませんが、表示通りの効果を得るには必要な量です。ぜひしっかり塗ってください。洗顔後に化粧水や乳液などでお肌にうるおいと油分を補って、少し時間をおいてから日焼け止めを塗るとよいでしょう。

 日焼け止めは2~3時間毎に塗り直すことが推奨されています。汗で流れたり、衣類との摩擦などでとれたりする可能性があるためです。しかし、日々の生活の中でこまめに塗り直すことは現実的には難しいです。最近はSPF・PA値のついたファンデーションもありますので、上手に活用して、メイクを崩さずに重ねづけするとよいでしょう。日焼け止めは、メイクする部分だけでなく、耳や首まわりにも塗り忘れがないようにしましょう。

 日焼け止めの成分には「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類があります。紫外線吸収剤は、紫外線防御能は高いですが、アレルギーを起こすことがあるので、敏感肌の方には紫外線吸収剤を含まないタイプがお勧めです。

 

ご予約電話番号
076-427-2001

セキひふ科クリニック
〒930-0138
​富山県富山市呉羽町7331
予約電話番号: 076-427-2001

© 2020  セキひふ科クリニッ 

セキひふ科クリニック

富山市 皮膚科・美容皮膚科 関太輔

美肌倶楽部

富山市の皮膚科・美容皮膚科・エステ・医療脱毛・シミ治療
富山市 皮膚科・美容皮膚科 関太輔

富山市皮膚科・美容皮膚科
​セキひふ科クリニックです。
お肌の健康は、カラダの健康
少しの不調でも、お気軽に受診ください。
ご予約はスマホ・お電話(076-427-2001)
美肌エステ・最新医療脱毛もできます。