杉田 友里
セキひふ科クリニック副院長

​略歴:
2011年3月 富山大学医学部医学科卒業
2011年4月~2013年3月 富山大学附属病院、厚生連高岡病院、済生会富山病院にて初期臨床研修
2013年4月 富山大学皮膚科 入局 医員
2014年4月 富山大学皮膚科 助教に就任 
             一般外来のほか、レーザー外来を担当する
2017年4月 セキひふ科クリニック副院長に就任

所属学会:
日本皮膚科学会
光生物光医学学会


講演:杉田友里 「アザはレーザー治療でどこまで治せるようになったか」いいひふの日2016年11月13日 市民向け講座 県立中央病院5階ホール受賞:関 友里, 牧野輝彦, 三澤 恵, 清水忠道.

アブストラクト賞受賞「コクサッキーウイルスA6による手足口病の病理組織学的検討」
第113回日本皮膚科学会総会;2014年5月30日-6月1日;京都.

論文:
Seki Y, Makino T, Ueda C, Takegami Y, Matsui K, Shimizu T.: Successful treatment with PUVA in a Japanese
patient with photosensitive mycosis fungoides: Case report and review of the literatures. Eur J Dermatol.,
23:559-560, 2013.

Makino T, Seki Y, Hara H, Mizawa M, Matsui K, Shimizu K, Shimizu T.: Induction of skin lesions by ultraviolet B
irradiation in a case of pemphigus erythematosus. Acta Derma Venereol., 94:487-488, 2014.

Matsui K, Makino T, Takegami Y, Murayama S, Seki Y, Ishii N, Hashimoto T, Shimizu T. :Bullous pemphigoid with
IgG anti-LAD-1 antibodies. Eur J Dermatol., 24:275-276, 2014.

Seki Y, Makino T, Mizawa M, Hamashima T, Sasahara M, Shimizu T.: Immunohistological examination of hand,
foot and mouth disease caused by coxsackievirus A6. Eur J Dermatol., 24:506-507, 2014.

Makino T, Mori N, Sugiyama H, Mizawa M, Seki Y, Kagoyama K, Shimizu T.: Creeping eruption due to a larva of
Spirurina type X. Lancet. 384:2082, 2014.

Makino T, Mizawa M, Seki Y, Hayashi M, Shimizu T.: Decreased filaggrin-2 expression in the epidermis in a case
of pityriasis rotunda. Clin Exp Dermatol., 25:619-620,2015.

Makino T, Hara H, Hamashima T, Mizawa M, Seki Y, Hayashi H, Shimizu T.; Hodgkin lymphoma presenting as
subcutaneous masses in the left upper arm. J Dermatol., 43:1244-1246, 2016.

Makino T, Mizawa M, Seki Y, Hayashi M, Shimizu T.: Decreased filaggrin-2 expression in the epidermis in a case
of pityriasis rotunda. Clin Exp Dermatol., 41:215-217,2016.

Sugita Y, Makino T, Mizawa M, Shimizu T.: Mugwort-mustard allergy syndrome due to broccoli consumption. Case Rep
Dermatol Med., 2016:8413767, 2016.

松井恒太郎,牧野輝彦,鹿児山浩,森直哉,杉田友里,井波智恵子,竹上與志昌,三澤恵,清水忠道;胆嚢転
移をきたした頚部の巨大悪性黒色腫.臨床皮膚科,70巻12号:975-980,2016

鹿児山浩,牧野輝彦,杉田友里,竹上與志昌,松井恒太郎,清水忠道;結節性紅斑を初発症状としたCrohn病の
1例.臨床皮膚科,70巻13号:1051-1054,2016

林政雄,牧野輝彦,杉田友里,三澤恵,清水忠道;背部に多発潰瘍を生じた深在性エリテマトーデスの1例.臨
床皮膚科,71巻13号:1041-1045,2017

学会発表:
関 友里, 牧野輝彦, 上田智恵子, 竹上與志昌, 松井恒太郎, 清水忠道:Photosensitive Mycosis Fungoidesの1
例. 第33回日本光医学・光生物学会,2012年7月27-28日,神戸

関 友里, 牧野輝彦, 上田智恵子, 竹上與志昌, 松井恒太郎, 清水忠道.Photosensitive Mycosis Fungoidesの1例
. 第62回日本皮膚科学会 中部支部学術大会,2012年10月12-14日,大阪

関 友里, 牧野輝彦, 三澤 恵, 清水忠道.コクサッキーウイルスA6による手足口病の病理組織学的検討.第441
回日本皮膚科学会北陸地方会;2014 年2月23日;金沢

関 友里, 牧野輝彦, 三澤 恵, 清水忠道.コクサッキーウイルスA6による手足口病の病理組織学的検討. 第113
回日本皮膚科学会総会;2014年5月30日-6月1日;京都

 

関 友里,三澤 恵,牧野輝彦, 清水忠道.ブロッコリーによるヨモギマスタード症候群の1例.富山皮膚疾患
セミナー;2014年11月6日;富山

関 友里,三澤 恵,牧野輝彦, 清水忠道.ブロッコリーによるヨモギマスタード症候群の1例.第438回京滋地
方会;2014年12月19-20日;京都

Seki Y, Makino T, Mizawa M, Shimizu T. A case of mugwort-mustard allergy syndrome due to broccoli. 23rd
World Congress of Dermatology; 2015年6月8-13日; Vancouver.

関 友里,牧野輝彦,三澤 恵,原 寛,森 直哉,清水忠道.有棘細胞癌(SCC)への進展と自然消褪を同一病
変内に認めたBowen病における病理組織学的検討.第446回日本皮膚科学会北陸地方会;2015年6月28日;金沢

関 友里,牧野輝彦,三澤 恵,原 寛,森 直哉,清水忠道.有棘細胞癌への進展と自然消褪を同一病変内
に認めたBowen病における病理組織学的検討.第31回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会;2015年7月3-4日;大阪

Yuri Sugita, Teruhiko Makino, Megumi Mizawa, Hiroshi Hara, Naoya Mori, Tadamichi
Shimizu. Immunohistochemical examination of regressed lesion in Bowen’s disease. The 4th Eastern Asia
Dermatology Congress (4th EADC).2015年11月16- 18日; 東京

杉田友里, 牧野輝彦, 三澤 恵, 清水忠道. 特発性分節型無汗症の1例. 第449回日本皮膚科学会北陸地方会;2016
年2月28日;金沢

杉田友里、牧野輝彦、三澤 恵、清水忠道. 特発性分節型無汗症における発汗障害メカニズムの検討.第115回
日本皮膚科学会総会2016年6月3-5日;京都

杉田友里,牧野輝彦,三澤 恵,清水忠道. 特発性分節型無汗症における発汗障害メカニズムの検討.第451回
日本皮膚科学会北陸地方会2016年9月6日;富山

杉田友里,牧野輝彦,松井恒太郎,清水忠道.Eccrine syringofibroadenoma(ESFA)の1例.第68回日本皮膚
科学会中部支部学術大会2017年10月7-8日;京都

 

sekicli-ae-6.jpg

セキひふ科クリニック
〒930-0138
​富山県富山市呉羽町7331
予約電話番号: 076-427-2001

© 2019  セキひふ科クリニッ 

セキひふ科クリニック

富山市 皮膚科・美容皮膚科 関太輔

美肌倶楽部

富山市の皮膚科・美容皮膚科・エステ・医療脱毛・シミ治療
富山市 皮膚科・美容皮膚科 関太輔

ご予約電話番号
076-427-2001