アザ


アザは生まれつき、あるいは成長の過程で出てくる色素斑で、太田母斑、異所性蒙古斑などがあります。
必要に応じてレーザー照射を行います。




肝斑


シミ・ソバカスとは別に、ホルモンバランスの崩れが関係する「肝斑」があります。
肝斑は、ほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称にできます。
30〜40歳代に発症することが多いシミです。
肝斑に関してはレーザー照射を行わず、内服・外用などによる治療をお勧めします。




シミ・ソバカス


皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したもので、顔や腕などにできることが多いです。
発生原因によって紫外線による「日光黒子(老人性色素斑)」、炎症後の色素沈着などがあります。必要に応じてレーザー照射を行います。